検討内容一覧

開催日検討内容
2006.10.19参加メンバーからの話題提供(実験のやり方)
2006.12.7実験計画法における二値データの解析
2007.1.25(1) L8によるA3水準、B2水準の際の活用方法
(2) 2元配置実験(A:3水準、B:3水準)の逐次実施”について
2007.3.8(1) 2元配置実験の逐次実施
(2) カイ2乗プロット
2007.5.18(1) 2元配置実験(A:3水準、B:3水準)の逐次実施”について
(2) CAE(二元配置)
2007.6.22パソコン統計解析ハンドブック
・繰返し数不揃いの分散分析(TypeⅠ、TypeⅡ、TypeⅢ)
2007.8.10(1) 実験計画法
・自由度とは
・直交対比について
(2) 参加メンバーからの話題提供(信頼性試験の評価)
・(0,1)法
2007.9.14実験計画法 問答集
・アルファ=0.05に対する不安
・正規分布はどう導かれるか
・正規分布に従わないときの処置
・欠測値への対処
・等分散性のチェックで有意になったときの処置
・交互作用とはグラフが平行にならない場合と考えてよいか
・要因実験で各水準組み合わせでの繰り返し数は揃えるべきか
2007.10.12共分散分析について
2007.12.14ロジスティック回帰分析
生存時間解析
平滑化スプライン
パソコン統計解析ハンドブック
・一般化線形モデル(2)
2008.2.1「シュミレーションにおけるSQCの貢献」特集(『品質』Vol,38 №1)
・CAEによるロバスト最適化における実験計画法の活用
・コンピュータシュミレーションにおける実験計画法の文法
・過飽和実験計画における因子割り付けの定式化とその解法
2008.4.2(1)対比を用いた分散分析
(2)多重比較について
2008.5.16(1) 実験的回帰分析
・多変数逐次近似法
・L36と水準の求め方
(2) REGRESSION MODELS EXPERIMENTAL DESIGNS
・回帰モデルと実験計画
2008.6.26一般化加法モデル(GAM)に関するシミュレーション研究