2日でマスターする問題解決アプローチセミナー

対象

・QC七つ道具の基礎知識を持ち、実際に即したシミュレーションで活用力を養いたい方

・業務でQC 手法の知識が活かしきれていない方や不安のある方

・様々なアプローチの仕方を学び、応用力をつけたい方

内容

実際に即した模擬製造工程から、パソコンを用いてQC 手法、問題解決の実践力、活用力を養います!

当コースは、パソコンを活用し、グループで問題解決アプローチ演習に取り組みます。実際に即した模擬製造工程から、パソコンでQC 七つ道具、統計手法を活用しながら問題解決に取り組みますので、すぐに業務で適用でき、同時に応用力を養うことができます。また、異業種の方々とのグループワークトレーニングで交流を通じて、品質(Q)、コスト(C)、納期・量(D)を意識した、事実に基づく管理(Fact Control)を習得できます。これまで学んだ問題解決手順とQC手法の知識を実務で活かしきれていない方、実践力、活用力を養いたい方におすすめです。

コースの特徴

  • 模擬製造工程をシミュレーションした問題設定から、パソコンを活用してグループで問題解決に取り組みます。
  • 演習では、主にExcel を使用します。また、希望者にはExcel の関数で作成したファイルを配付します。
  • 実際に即した問題解決を行うため、QC手法と問題解決手順の活用力、応用力を養うことができます。
  • QC 七つ道具や問題解決の知識はあっても、実際の業務で活用しきれていない方におすすめです。
  • 問題解決アプローチ演習を通じて、「QC七つ道具だけでもこれだけ解決できる」といったことが実感できます。

会場

大 阪 :日科技連 大阪事務所

東 京 :日科技連 東高円寺ビル

講師

子安弘美(テネジーコーポレーション)他、実践経験豊富な講師が指導にあたります

参加費

55,080 円(一般)/ 47,520 円(会員)

開催日程

回数開催日会場
12017年1121日(火)~22日(水)大阪

カリキュラム

時間内容
第1日
9:30~18:00
■午前
問題解決の進め方
QC 七つ道具のポイント
■午後
問題解決アプローチ演習
第2日
9:15~16:45
問題解決アプローチ演習、発表・総括・質疑応答

パンフレット

お申し込み方法

Webからの申し込み


申し込み書をダウンロード

お問い合せ先

日本科学技術連盟 大阪事務所 APS係

TEL:06-6341-4627/FAX:06-6341-4615

E-mail:juseosaka@juse.or.jp