あらゆる職場で役立つヒューマンエラーの原因分析・対策法セミナー

対象

全業種・全部門で人為ミスの発生にお悩みの方

内容

13の心理メカニズムで解き明かす

人為ミス(ヒューマンエラー)は、その発生メカニズムを理解し、原理原則に沿って対策すれば、いくらでも減らすことが可能です。

大きなポイントが2つあり、①今使っている品質不良対策の考え方は物的系に重点があり、人為ミスの原因究明には使いにくい。

②人為ミスは作業者の“心の動き”が原因となって発生するので、人間の心理作用に重点を置いた新しいアプローチが重要になる。という点です。

当セミナーでは、働く人の心理面から人為ミスの発生するメカニズムを解き明かし、数多くの事例から対策の打ち方を解説します。職場で発生した人為ミスに対して、しっかりとした対策を積み重ねることが人為ミス(ヒューマンエラー)撲滅に近づける方法です。

コースの特徴

  • 人間の13 の心理メカニズムから人為ミス発生の原因を究明します。
  • 実例をもとにしたケーススタディから具体的な対策案を導き出します。
  • 自社の事例を用いて、人為ミスの原因究明、対策方法までを演習します。

会場

大 阪 :日科技連 大阪事務所

東 京 :日科技連

参加費

52,650円(一般)/ 45,090円(会員)

開催日程

回数開催日会場申込状況
12017年525日(木)~26日(金)大阪締切
22017年724日(月)~25日(火)東京受付中
32017年95日(火)~6日(水)大阪受付中
42017年1016日(月)~17日(火)東京受付中

カリキュラム

時間内容
第1日
9:30~17:30
■午前
・ヒューマンエラーの発生メカニズム
・13の心理メカニズム
・ミス原因の特定のためのヒアリング
■午後
・ヒューマンエラー対策のステップとポイント(Step1〜4)
・ケーススタディ1
 「直接原因と間接原因の特定」(グループ実習)
・ヒューマンエラー対策書作成演習1(個人演習)
第2日
9:30~16:30
■午前
・前日のポイント復習
・一般的な品質不良対策とヒューマンエラーの対策の違い
・ケーススタディ2
「直接原因対策」(グループ実習)
■午後
・ケーススタディ3
 「間接原因対策」(グループ実習)
・ヒューマンエラー対策書作成演習2(個人演習)
・まとめと質疑応答

パンフレット

お申し込み方法

Webからの申し込み


申込書をダウンロード

お問い合せ先

日本科学技術連盟 大阪事務所 現場HE係

TEL:06-6341-4627/FAX:06-6341-4615

E-mail:juseosaka@juse.or.jp