新QC七つ道具セミナー

対象

・言語データを中心に問題解決したい方

・QCサークルなどの改善グループのリーダーとして、より一層のスキルアップを図りたい方

・言語データを活用して問題解決をはかりたい管理者・スタッフ

内容

管理者・スタッフの質的向上のために!

問題を解決するにあたって、ものづくりの現場はもちろん、企画や管理、営業部門において、情報の多くは言葉で表現される“言語データ”が扱われます。言語データから有益な情報を抽出し、新しい発想を生み出してくれるツールが「新QC七つ道具(N7)」です。当セミナーでは、N7の有効な実施手順と活用ポイントを講義と演習で進めていき、さらに、企業での活用事例を紹介します。

コースの特徴

  • 従来は勘や経験で整理し、扱いにくかった言語データから、有用な情報を取り出し、新しい発想へと導くポイントを教えます。
  • 管理者・スタッフの方が実務で直面される問題や課題(人材育成・企画力・顧客ニーズ把握等)をテーマとした演習を体験していただく、“参加型”カリキュラムです。
  • 研修仲間から得られた知を図形化(言語図形)することで、既成概念や思い込み等を打破し、発想と気づきを得るグループ演習を行います。
  • 各手法の講義だけでなく、手法毎にその活用方法の理解が深まるように、ミニ演習(個人演習)を取り入れています。

会場

大 阪:日科技連 大阪事務所

東 京:日科技連 東高円寺ビル

参加費

68,040円(一般) / 58,320円(会員)

開催日程

回数開催日会場
12017年73日(月)~5日(水)東京
22017年913日(水)~15日(金)大阪
32017年1129日(水)~121日(金)東京

カリキュラム

時間内容
第1日
9:20~18:00
■午前
新QC七つ道具概論
新QC七つ道具と言語データ
親和図法(講義)
■午後
親和図法(演習)
連関図法(講義、演習)
第2日
9:30~17:30
■午前
系統図法(講義、演習)
■午後
マトリックス図法(講義、演習)
アロー・ダイヤグラム法(講義、演習)
第3日
9:30~17:00
■午前
PDPC法(講義、演習)
■午後
マトリックスデータ解析法(講義)
問題解決N7事例
問題解決への活用と総合質疑

パンフレット

お申し込み方法

Webからの申し込み


申込書をダウンロード

お問い合せ先

日本科学技術連盟 大阪事務所 N7係

TEL:06-6341-4627/FAX:06-6341-4615

E-mail:juseosaka@juse.or.jp