信頼性技法実践講座:FMEA・FTA

対象

企画・研究・開発・設計・技術・製造・品質保証部門などの研究者、技術者の方々

内容

故障や事故を未然に防ぐための解析手法

FMEA手法及びFTA手法は、新製品、新製造工程における様々な潜在的故障要因を設計段階で摘出し、改善する製品の信頼性向上、PLP(製造物責任予防)のためのキーテクノロジーです。

当講座は、これらの手法の基本が習得でき、解析事例と演習により実践的経験が得られます。また、ISO 9000ファミリー規格ではFMEAの実施を推奨しており、これを基にした自動車産業分野の品質マネジメントシステム規格 ISO/TS 16949では製品の設計FMEAと製造工程FMEAの実施を要求しております。

FMEA(Failure Mode and Effects Analysis:故障モード、影響解析)手法:

新製品の設計、製造工程、使用中、どこに、どんな潜在的故障要因があるかを設計段階で摘出し、改善する手法。

FTA(Fault Tree Analysis:故障の木解析)手法:

製品使用中に発生しては困る事象、例えば機能喪失、火災、人身災害などについてその発生要因を設計段階で摘出し、改善する手法。

コースの特徴

  • 「IATF16949:2016」 などの国際規格においても実施が要求されている製品の設計FMEAと製造工程FMEAを実施例や講義時間内演習を盛り込んだカリキュラム構成により、短期間で学ぶことができます。
  • 講義・演習に携わる講師は、信頼性の実務に精通されている経験豊富な実務家・専門家が指導にあたります。
  • 事例中心の講義内演習と、少人数によるグループディスカッション演習により理解を深めることができます。

会場

大 阪 :日科技連 大阪事務所

名古屋 :愛知県産業労働センター ウインクあいち

福 岡 :福岡商工会議所

東 京 :日科技連 東高円寺ビル

参加費

50,760円(一般) / 45,360円(会員)

開催日程

回数開催日会場
12017年515日(月)~16日(火)東 京
22017年619日(月)~20日(火)東 京
32017年620日(火)~21日(水)大 阪
42017年720日(木)~21日(金)名古屋
52017年724日(月)~25日(火)東 京
62017年824日(木)~25日(金)東 京
72017年95日(火)~6日(水)福 岡
82017年1023日(月)~24日(火)東 京
92017年1026日(木)~27日(金)大 阪
102017年1113日(月)~14日(火)東 京
112018年221日(水)~22日(木)東 京

カリキュラム

時間内容
第1日
9:15~18:00
■午前
信頼性解析の概要/FMEAの実施法
■午後
FMEAの実施法(続き)/FMEA演習
第2日
9:00~17:00
■午前
FTAの実施法
■午後
FTAの実施法(続き)/FTA演習

パンフレット

お申し込み方法

Webからの申し込み


申込書をダウンロード

お問い合せ先

日本科学技術連盟 大阪事務所 信頼性係

TEL:06-6341-4627/FAX:06-6341-4615

E-mail:juseosaka@juse.or.jp