2日でマスターするソフトウェアテストセミナー

対象

・システムテストの計画者、組み込みソフトを持つ製品の開発者

内容

直交表を活用した網羅率100%のテスト設計

組み込みソフトを持つ製品において、ソフトウェアやシステム開発時における品質の重要性が非常に高くなってきており、テストや試験の抜け落ちが製品の重大な品質事故につながるケースが発生しています。しかしながら、ソフトウェア開発時において、網羅性の高いテストを行うには無限の組み合わせが必要で、それを満たすにはシステムテストの知識だけでは難しいのが現状です。

当セミナーは、直交表を活用することで、効果的、効率的にテスト設計を行い、最小限で網羅性の高い組み合わせテスト設計方法を学べます。また、理論を最小限にし、演習を通じて試験方法を学ぶため、すぐに実務に役立ちます。初めて学ぶ方から実践力をつけたい方まで幅広い方々に最適なセミナーです。

コースの特徴

  • 直交表を活用した効果的なテスト設計をやさしく学びます。
  • 組み込みソフトを持つ製品を対象とした確実な試験方法を習得することができます。
  • 演習により、すぐに実務に役立つ内容です。
  • 開発時のバグ取り試験の抜け落ちによるクレーム発生の防止に最適なコースです。

会場

大 阪 :日科技連 大阪事務所

講師

浜田佐敏( 元(株)日立製作所 )

参加費

63,720円(一般) / 56,160円(会員)

※ 割り付けソフト付

開催日程

回数開催日会場
12017年6月15日(木)~16日(金)大阪

カリキュラム

時間内容
第1日
9:30~17:30
・何のためにシステム試験をおこなうか
・システム試験の概要
・試験によるバグの発生形態
・網羅試験の作成方法
・直交表を用いた試験計画
・直交表を用いた試験計画作成演習①
第2日
9:00~17:00
・直交表を用いた試験計画作成演習②
・試験結果の解析・演習
・直交表の種類と多水準因子の作成
・実務への適時の注意点
・因子の決定時のポイント
・まとめ

パンフレット

お申し込み方法

Webからの申し込み


申込書をダウンロード

お問い合せ先

日本科学技術連盟 大阪事務所 ST係

TEL:06-6341-4627/FAX:06-6341-4615

E-mail:juseosaka@juse.or.jp